ホーム

introduction

早稲田大学 景観・デザイン研究室とは

早稲田大学の「景観・デザイン研究室」は、2003年4月に創設されました。

早稲田大学理工学部土木工学科が社会環境工学科に改称、カリキュラム変更を行ったことによるものです。

以来本研究室では「豊かな風景、豊かな空間の生成による幸せな時間を、すべての人が過ごすことができる社会を実現すること」を究極の目的として活動しています。

そのために、時代と社会への問題意識を常に抱きながら、景観とは、風景とはなにか、といった原論的なアプローチから、個別具体の空間や構造物のデザインによるリアルな問題解決まで、知的好奇心とおせっかいとご縁とに導かれるまま、様々な研究、調査、デザイン活動を行っています。

「研究室は組織ではなく場である」との認識から、来るものは拒まず去るものを追わず、マニュアルやルールとは対極にあるコミュニケーション感覚によって集まってくる人たちの集合、それがyoh-lab.です。

佐々木 葉

News & Information

2022.12.25
佐々木葉教授共著の「土木デザイン ひと・まち・自然をつなぐ仕事」が学芸出版社より出版されました。
2022.12.11
土木学会第18回景観・デザイン研究発表会において、修士課程7名が口頭・ポスター発表を行いました。
また卒業生の鑓溝遼治郎さん、修士1年の望月友貴さん、夕田潤さんが優秀講演賞を受賞しました。
2022.11.29
土木学会デザイン賞2022において、卒業生の岡田裕司さんが最優秀賞(川原川・川原川公園)を受賞しました。
2022.11.12
土木学会第66回土木計画学研究発表会・秋大会において、修士課程2名が口頭発表を行いました。
2022.10.05
学部4年の1名・修士1年の1名が景観・デザイン研究室に新たに加わりました。
今年度の研究室所属メンバーを更新しました。
2022.09.17
2022年度9月学部卒業式が行われました。
景観・デザイン研究室からは2名が学部を卒業し、大学院へ進学しました。
2022.09.07
景観・デザイン研究室のWebサイトをリニューアルしました。
2022.07.30
修士1年の韓煜明さんが第57回東京都公園協会賞奨励賞(論文部門)を受賞しました。
創造理工学研究科のウェブサイトにも掲載されました。
2022.04.19
学部4年の7名・修士1年の2名が景観・デザイン研究室に新たに加わりました。
2022.03.16
佐々木葉教授がエコデモラジオに出演しました。